TOP

 News!

 About

 Rehersal

 Label

 Equipment

 Studio Photo

 Price

 Download

 Link

Keyboards & Sound Modules
Kurzweil K-2600X
YAMAHA MOTIF 7
Sequencial Circuit Prophet-5
STUDIO ELECTONICS MIDI-mini
ENSONIQ SD-1 32Voice
YAMAHA SY-77
E-Mu SP-1200
Roland SC-8850
続いて現代のポップスシーンには忘れてはならないのがキーボードの存在です。

残念な事に、下関の音楽シーンではバンドにキーボードを採り入れようとする向きが非常に少ない事です。

キーボードはどのようなスタイルのバンドにもライブでは派手さやサウンドに奥行きや広がり感を作るだけでなく、作品制作活動にはもはや欠かせない存在となっています。レコーディングによる作品制作の上だけでも是非、採り入れる事をご検討下さい。

作品は、同じ曲でもライブとは違って当たり前で、音圧で客を魅了するライブに対して、作品としてのCDとなって音源を聴く時には、またひと味もふた味も違ったテイストを加える事ができます。特に奥行き感や広がり感、空気感を加えるには最高なツールなのです。

まずピアノ音源としてもシンセサイザーとしても世界的に絶大な評価がされているKurzweilのK-2600Xをご用意致しました。前モデルであるK-2500Xもございます。

両方ともピアノROMオプションを始め、コンテンポラリーROM、オーケストラルROMも装備し、サンプル用メモリもフル装備しております。また多くのプリセットを保存できるようにP-RAMもアップグレード済みです。サンプルしたサウンドや作った音のプリセットを保存するのにも充分な容量のハードディスクも搭載済みです。

その他、プロ御用達のmini-moogのラックマウント版、STUDIO ELECTRONICS MIDI-MINISequencial Circuit Prophet-5 Rev. 3.3 MIDI付を始め、これまでの時代の先端を駆け抜けて来た名機を取りそろえ、練習用としてのスタジオのデフォルトマシンではKurzweil K-2600Xフルオプションがご利用頂けます。

YAMAHA MOTIF 7フルオプション、デジタルシンセの名機と言われるENSONIQ SD-1 32Voiceは他のシンセサイザーと共にレコーディングに際して特にご要望のある機種については遠慮なくご相談下さい。

K-2600X以外のキーボードはレコーディングではどれもお使いになれますが、練習でのご使用はオプションとさせて頂いております(1台¥500-/1時間)。

クロスポイントの所有するキーボードや各種MIDI音源はライブ派のキーボーディストにとっても、又、テクノ・トランス系の打ち込み派のクリエーターにとっても幅広く対応でき、納得の行く音作りをお約束いたします。

ヒップホップやダンス、或いはハウス、テクノと言った分野ではE-Mu SP-1200やSTUDIO ELECTRONICS MIDI-MINIやSequencial Circuit Prophet-5が本領を発揮する事でしょう。知ってはいても見た事の無い方も多いかもしれませんがレコーディングをした上でのトラックダウン時にはその音の素晴らしさをご理解頂けると共に、プリセット音源とは全く異なる「音の太さ」にはきっと驚かれる事でしょう。正にコンポーザー的クリエイター向きの機材です。

Copyright (2006) CROSS POINT All Right Reserved.